建売住宅には建売住宅の良い点がある

建売住宅と聞くと、作りがどれも同じで建物に瑕疵が無いか、耐震性が不安といったマイナスイメージを抱き易い。造りや間取りに関しては確かに固定されており自分好みにはできないが、住んでみればその生活環境に慣れるのもので、建売住宅だからと悪く決めつけるのは早計である。

そもそも建売住宅の利点は間取りや構造の要素ではなく、立地にあると言えるのではないでしょうか。パワービルダーは駅の近くや周辺環境の良い土地をまとめて購入し、そこを区切って家を建てている。だからこそ注文住宅に比べて建売住宅は安価で、立地の良い家を買えるという大きな利点があるのです。もし個人で立地の良い土地を見つけたとしても、地価の高さや上物のコストで相当な資金力がなければ家を建てることは難しいのが事実です。

このように建売住宅だからと敬遠する必要も、卑下することも全くないのです。むしろスーパーや駅等が周りにない注文住宅よりも、周辺に必要な店が揃っている建売の方が利便性や快適度は高いと言えるのです。

PR|岡崎の注文住宅は家づくりのプロ|