一戸建ての住宅設備は新しいものの方がいい

注文住宅でマイホームを建てた経験から言いますと、「住宅設備は新しいものにしておいた方がいい」と、まずはアドバイスをしたいと思います。もう少し補足説明しておきますと、豊田で中古住宅のリフォームをするのでもなければ、もちろん住宅設備は新品のものが届けられるでしょう。「住宅設備は中古品を使わないように」ということを言っているのではありません。住宅設備は、新しく発売された製品の方を選んでおいたほうがいいということを言っているのです。

なぜ、住宅設備において「新しく発売された製品」を推すのかと言いますと、それは「部品保管期間」なども考えた上でのことです。電化製品だけではなく、住宅設備におきましても、廃盤になることがあるのです。ロングラン商品というのは、住宅設備におきましてもありますが、しかし毎年どこかしら変更されていたりということもありますからね。

ですから、気にしたほうがいいのは製品の部品保管期間でしょう。住宅設備においても、部品保管期間は10年ほどだという印象です。場合によっては、リフォーム時には部品がない可能性だってあるのです。そこで、新しい設備の方が廃盤になるまでの年数は長いと見ることができますから、部品保管期間のことも考えると、やはり住宅設備は新しいものを入れておいて正解かも知れません。