新築一戸建てにこだわって良かった経験

家を建てる際に我が家は、新築一戸建てにこだわりました。マイホームの購入を決める際に場所は豊田市に決定し、注文住宅かマンションもしくは分譲住宅のどれにするか検討しました。一戸建ての場合は、自分達のプライベート空間がしっかりとしていますし、後々、家を新しく建て替える事が出来たりリフォーム出来たりと選択肢が多くなります。また、建物や土地を子供に譲る事も出来ます。土地については自身の資産にもなるため総合的に考えて一戸建て住宅が良いという結論に至りました。自分達も一戸建て住宅が欲しいというこだわりがあったため新築一戸建てを選択しました。マイホームが完成して住んでみると周りを気にせずにプライベート空間が確保出来ているため子育ても含めて生活しやすい環境が整っています。また、自分達で設計したマイホームのため生活動線もイメージ通りで日々の暮らしが便利な点も良かったです。いろいろな面で新築一戸建て住宅にこだわって良かったと今では感じる事が出来ています。

家族と一緒に住む注文住宅に合うデザイン

私は仕事の関係で新しい土地へ引っ越しをしたのを機に、安城にガレージ付きのマイホームを持つことにしました。私が注文住宅を建てる際に最も悩んだのが土地の広さです。快適に暮らすためにはなるべく広い土地に住んだ方がいいのですが、土地に多くの予算を使ってしまうと家の内装や外装に資金を多く使えないのが嫌でした。そのため、土地はあまり広くしないで家を建てるために多くのお金を使うことにしました。私が特に重視したのがお風呂です。仕事から帰ってからゆったりとお風呂に入りたい気持ちがあったので風呂場は広くしました。やはり自分のこだわりのある部屋は広くした方が後悔がないと思います。また、新しい家にふさわしいようなおしゃれなソファやタンスなどの家具を買っておきました。私は子供がいるのでなるべく部屋の数が多い方がいいと感じていました。部屋の数を増やすと部屋が狭くなってしまうのですが、子どもがいる家庭は部屋数が多い方がいいです。

一戸建ての住宅設備は新しいものの方がいい

注文住宅でマイホームを建てた経験から言いますと、「住宅設備は新しいものにしておいた方がいい」と、まずはアドバイスをしたいと思います。もう少し補足説明しておきますと、豊田で中古住宅のリフォームをするのでもなければ、もちろん住宅設備は新品のものが届けられるでしょう。「住宅設備は中古品を使わないように」ということを言っているのではありません。住宅設備は、新しく発売された製品の方を選んでおいたほうがいいということを言っているのです。

なぜ、住宅設備において「新しく発売された製品」を推すのかと言いますと、それは「部品保管期間」なども考えた上でのことです。電化製品だけではなく、住宅設備におきましても、廃盤になることがあるのです。ロングラン商品というのは、住宅設備におきましてもありますが、しかし毎年どこかしら変更されていたりということもありますからね。

ですから、気にしたほうがいいのは製品の部品保管期間でしょう。住宅設備においても、部品保管期間は10年ほどだという印象です。場合によっては、リフォーム時には部品がない可能性だってあるのです。そこで、新しい設備の方が廃盤になるまでの年数は長いと見ることができますから、部品保管期間のことも考えると、やはり住宅設備は新しいものを入れておいて正解かも知れません。