土地あり夫婦の一戸建て・新築住宅あれこれ

約20年前に結婚しました。主人の実家が近くにありましたが結婚後2年間は新築のマンションで生活していました。
第一子妊娠を機に実家を立て替えて新築一戸建てを建てました。
実家の建物を更地にして新たに新築するので、土地代は不要、費用は建物代だけという恵まれた条件でした。ただ、土地が決まっているので自分で選ぶ余地がありません。『住めば都』とばかり気負ったのを覚えています。(主人の実家には義理の祖父が暮らしていて新築後は同居しました。)
土地はあるにしても、一から自分たちで作っていく一戸建てです。
私は妊婦でしたので通常の気持ち、体力より神経質になっており、家の間取りや設備等、そんなにこだわらなくてもよいのでは?というくらい考えました。

例えばキッチンのシンク。広さばかり重視して(いざとなったら生まれた赤ちゃんを一人で沐浴させねば・・とベビーバスを置けるように)、広くしたゆえの弊害を失念し、作業スペースが狭くなってしまいました。
妊娠前か産んでからでもじっくり考えながら新築設計をすれば良かったと思っています。
良かった点は、玄関に広めの吹き抜けを作ったことです。陽の光が入った明るい玄関で行ってらっしゃい、と家族が気持ちよく出かけて行きます。お客さんも広く高い吹き抜けを見て、感嘆の声を聴かせてくれるのも満足のいく点となりました。
おおむね気に入った家づくりでしたが、20年も経つと水回りと畳をリフォームしたいと思っています。

三年前に新築住宅を建てました

まず、タイミングとしては旦那の妹夫婦がガレージ付きの注文住宅を岡崎に建てたことで、旦那のプライドもあり、建てたい!と言ってきて、一番上の子も幼稚園にあがるタイミングだったので決意しました。土地選びでは、だいたいこの辺りと決めて空いていた土地2つから選択したので特に苦労はしませんでした。
住まいの自慢は南向きでリビングダイニングに日当たりがよく風通しが良いこと。四畳半で小さめですが和室を作ってよかったです。
後悔は、先に間取りをきめたので外観にこだわれなかったことです。
子供のために考えたことは学校への近さです。特に小学校は歩かないといけないため、5分くらいで着くところに家を建てたので正解でした。中学校へもまずまずの近さです。
家を建てて、気持ち的にゆとりができました。小さな子供を育てながら賃貸での生活は鳴き声など音に気にしながら気を使いました。一軒家にしてからは、支払いはあるもののいつかは自分たちのものになるし、のびのびと生活できるのでよかったとおもいます。

新築一戸建てにこだわって良かった経験

家を建てる際に我が家は、新築一戸建てにこだわりました。マイホームの購入を決める際に場所は豊田市に決定し、注文住宅かマンションもしくは分譲住宅のどれにするか検討しました。一戸建ての場合は、自分達のプライベート空間がしっかりとしていますし、後々、家を新しく建て替える事が出来たりリフォーム出来たりと選択肢が多くなります。また、建物や土地を子供に譲る事も出来ます。土地については自身の資産にもなるため総合的に考えて一戸建て住宅が良いという結論に至りました。自分達も一戸建て住宅が欲しいというこだわりがあったため新築一戸建てを選択しました。マイホームが完成して住んでみると周りを気にせずにプライベート空間が確保出来ているため子育ても含めて生活しやすい環境が整っています。また、自分達で設計したマイホームのため生活動線もイメージ通りで日々の暮らしが便利な点も良かったです。いろいろな面で新築一戸建て住宅にこだわって良かったと今では感じる事が出来ています。

家を購入してからの家族の関係性

家は一生で一番高い買い物を言われます。本当にその通りで広島に新築一戸建てを購入するということに不安もありましたし、それ以上にワクワク感もありました。車を購入するときのワクワク感とは比べものになりません。その分これから支払いも大変です。家のローンに加えて子供の養育費、夫婦の老後の生活資金とお金はどんどんかかります。だけど家というのは自分たちの財産になるわけなのでとても大切な存在です。それに家族が団らんするという面でも非常に重要な役割を果たしています。せっかく高いお金をかけて築いた家なので長い期間綺麗な状態を保ちたいと考えています。だからそれぞれが分担して掃除をしたりメンテナンスをしたりチェックをするようにしています。家族それぞれが家のことを大切にしているということが伝わって来ます。私たち夫婦は死ぬまで住み続けると思っているので、特に台所、トイレ、浴室の掃除は念入りに行っています。台所もトイレも浴室もリフォームして新しくできるわけですが、できるだけ最初のままで使い続けられるように頑張りたいです。

一戸建ての魅力とはどこにあるのか

我が家も数年前、広島に新築一戸建てを購入しましたが、一戸建てというのは色々とメリットがあります。一つとしてはなんといっても周辺住民に関してそこまで気にする必要性がない、ということでしょう。マンションなどであれば上とか下、或いは左右が違う家庭になるわけですから、これは五月蝿くすると問題になります。戸建てであろうとも左右には家があるわけですが、別に壁で繋がっているわけではありませんから、そうした意味においては気が楽ということになります。ですから、そこが戸建てにとって良い事になります。一戸建てには利点があるのですが、さすがに費用的に大変なこともありますが、それでもやはりマイホームといいますとまず戸建てというイメージを持っている人が多いでしょう。それは戸建てのほうに魅力を感じている人が多いから、ということになります。一戸建てには確かに魅力がありますが、費用的には同じ条件下であればマンションよりも高くなってしまうということがあります。それだけは理解しておきましょう。

窓ガラスは結露しないものにすべきです

冬になれば出てくるのが結露ですが、今まで賃貸に住んでいた頃は気にもしていなかった結露が、みよし市に新築一戸建てを購入してからとても気になるようになりました。
やはり家を買うということは、その家に一生住むということです。ですので結露して垂れた水滴が床を濡らすということは、家にとってもよくありません。また、わたしたちは和室に布団を敷いて寝ているのですが、和室の窓は外にも出入りできる大きさなので、窓に布団が触れると濡れてしまいます。
購入する前に、業者の方に結露のことを聞いたのですが、やはりある程度の結露は仕方がないことだと、そのときは言われました。そして実際に住み始めたのですが、思った以上に結露が多く、毎朝大きな窓ガラスについた水滴を拭き取らなければいけません。窓を開けて換気をすれば、いくらかはよくなると言われて実践しましたが、それほど効果はなかったように思います。
今にして思えば、結露がしづらくなるように窓ガラスはペアガラスにして、サッシもアルミではなく、樹脂サッシにしてもらえば、こんなにも悩まなくてすんだのにと思っています。

家族の要望が充実した家づくり

豊田市内で自然素材の家のマイホームを探し始めた頃、家族の要望をしっかりと確認しました。子供から大人まで、どんなイメージのマイホームが欲しいか話し合ってみないと各々の考えもわからないので、意見を出し合いながら会話するようにしていました。家づくりは、ガーデニングをしたいので、庭が少しでもあると家庭菜園したり、柿の木を植えて柿の実を収穫できるのでいいな〜と思い、お互いの考えを伝えたことで、家づくりのイメージが出来上がりました。とても素敵な雰囲気のマイホームを探すことができ、ポイントを押さえていたことで、スムーズな家づくりができました。庭と駐車場が完備されているところでなるべく住宅街が良いことです。周辺にマンションやアパート、雑居ビルがあると日当たりが悪くなるので、そういう部分も考慮してから一戸建てを検討したことで、日当たり具合などもよく、特にリビングへに入る日差し加減もちょうど良いです。快適な住まい環境になったので満足です。

家族と一緒に住む注文住宅に合うデザイン

私は仕事の関係で新しい土地へ引っ越しをしたのを機に、安城にガレージ付きのマイホームを持つことにしました。私が注文住宅を建てる際に最も悩んだのが土地の広さです。快適に暮らすためにはなるべく広い土地に住んだ方がいいのですが、土地に多くの予算を使ってしまうと家の内装や外装に資金を多く使えないのが嫌でした。そのため、土地はあまり広くしないで家を建てるために多くのお金を使うことにしました。私が特に重視したのがお風呂です。仕事から帰ってからゆったりとお風呂に入りたい気持ちがあったので風呂場は広くしました。やはり自分のこだわりのある部屋は広くした方が後悔がないと思います。また、新しい家にふさわしいようなおしゃれなソファやタンスなどの家具を買っておきました。私は子供がいるのでなるべく部屋の数が多い方がいいと感じていました。部屋の数を増やすと部屋が狭くなってしまうのですが、子どもがいる家庭は部屋数が多い方がいいです。

一戸建ての住宅設備は新しいものの方がいい

注文住宅でマイホームを建てた経験から言いますと、「住宅設備は新しいものにしておいた方がいい」と、まずはアドバイスをしたいと思います。もう少し補足説明しておきますと、豊田で中古住宅のリフォームをするのでもなければ、もちろん住宅設備は新品のものが届けられるでしょう。「住宅設備は中古品を使わないように」ということを言っているのではありません。住宅設備は、新しく発売された製品の方を選んでおいたほうがいいということを言っているのです。

なぜ、住宅設備において「新しく発売された製品」を推すのかと言いますと、それは「部品保管期間」なども考えた上でのことです。電化製品だけではなく、住宅設備におきましても、廃盤になることがあるのです。ロングラン商品というのは、住宅設備におきましてもありますが、しかし毎年どこかしら変更されていたりということもありますからね。

ですから、気にしたほうがいいのは製品の部品保管期間でしょう。住宅設備においても、部品保管期間は10年ほどだという印象です。場合によっては、リフォーム時には部品がない可能性だってあるのです。そこで、新しい設備の方が廃盤になるまでの年数は長いと見ることができますから、部品保管期間のことも考えると、やはり住宅設備は新しいものを入れておいて正解かも知れません。

東京の住みたい街・東京都中野区の中野坂上

東京都心界隈で、山手線の外側での住みたい街のナンバーワンと言えば中野坂上が一番の推薦地です。 中野坂上と言えば先ず、都会的に浮かんでくるのが青梅街道を経て新宿中央公園や都庁舎で超高層の眺めながらカフェ、レストランで一服するもの良いところです。

ところで中野に関してチョット調べてみたのですが、中野という地域には寺院やお寺、神社が非常に多いところなんですね。 何でも中野区内だけでも50箇所以上ものお寺、寺院が有るのですが、皆さんは寺町と言うのをご存知です、実はこの町内の中には沢山のお寺や神社が集中している場所なんですね。

例えば中野区の場合ですと、明治時代からあったものが更に、大正時代の関東大震災によって都心部から郊外へ移転させられたからだそうです。 お寺の有る街並みというのは、京都のように(京都は八百八寺ともいわれます)独特の町並みが形成されて、不思議と気持ちが落ち着きます。

勿論、中野坂上駅周辺は、大いに発展を遂げて近代的な商業ビルや施設も立ち並んでいますが、一歩郊外へでると優しい雰囲気の庶民的な街並みや商店街が其処、かしこに見受けられるところでもあります。 勿論、お寺が多いということで緑地帯も多く存在していて、住環境としては申し分ないところといえるでしょう。

PR|住みたい街で新築戸建てを購入